ホーム
コンテンツ
会長挨拶
組織図
活動内容
女性部の概況
森と川と海を守る
漁協女性部の足跡
漁協女性部のうた



 作詞:三越三千夫 作曲:小山清茂

霧が晴れゆく宝の海よ

今日も希望の日がのぼる

朝の潮路を乗りゆく船を

無事を祈っておおくったあとは

この手でしっかりひきうけた

漁村の女性がひきうけた


浜で育ったけなげな花に

波が高鳴る胸に鳴る

沖のかもめも楽しく歌う

知恵をそそいで励ましあって

この手できずこう幸せを

漁村の女性で幸せを


磯の風邪吹く緑の小松

ゆれて匂うよこの胸に

夢は大きく心をあわせ

ともに元気に苦楽をこえて

この手で海の子育てよう

漁村の女性で育てよう



船は大量のかけ声たかく

うたもはずんできた船に

みんな集まる明るい笑顔

空はあかねに浜辺がくれて

この手でともそう愛の灯を

漁村の女性で愛の灯を